自宅でHIV検査|周りの人に気付かれない検査!

指

治療で抑える

悩み

エイズを引き起こしてしまうことで、HIVに感染してしまいます。このままの状態でいると、エイズの進行が進んでしまい、食事ができなくなり死亡してしまう病気です。これを防ぐために、エイズ検査を受けましょう。エイズを発症するとHIVに感染します。エイズを発症した初期症状としては風邪と良く似ているといえます。そのため、エイズ検査を受けずに風邪と思い込む方も少なくありません。エイズを発症していてなにも治療していないとなると、徐々に病気が進行してしまいます。病気が進行すると免疫機能が低下し、肺炎やリンパが腫れなど普段引き起こさない病気を患ってしまいます。また、エイズは下痢や熱が続き食事ができなくなり最悪の場合死に至ってしまう病気だといえます。今の治療ではエイズを完全に治すのは困難だといえます。しかし、治療を受けていればエイズの進行や症状を抑えられます。病院で陰性と言われた方は早めに治療を始めると良いでしょう。治療を受けていれば普段の生活に支障を与えることはありません。

エイズを発症したかを確認するには、検査を受ける必要があります。エイズ検査を受ける際は、パートナーがいる方も一緒に受けると良いでしょう。二人でエイズ検査を受けていれば新たな人に感染しないように防ぐことができます。エイズ検査を受けて自分やパートナーの体を調べてもらいましょう。エイズ検査は、産婦人科や泌尿器科、内科などで調べてもらうことができます。エイズ検査を病院で受ける際は、症状がないと保険が適応されていないことがあるので注意しましょう。エイズ検査を病院で受ける際は、一度病院に問い合わせてみると良いでしょう。エイズを発症していても早めに治療していれば。進行や症状を抑えられる病気です。

Copyright© 2016 自宅でHIV検査|周りの人に気付かれない検査! All Rights Reserved.